貸切!貸切バスの相場は?

バスの種類や目的地によっても変わってくる


法事や集団で旅行する場合には、貸し切りバスを利用するのが便利ですが、実際にバスを借りるとなると費用がかかり、その費用はバスの種類や目的地によっても大きく変わってきます。
まず、バスの種類には小型バスと中型バスそして大型バスの3種類が存在します。小型バスとは、10人程度の人を乗せることができるバスです。ミニバンなどを改造してバスにしていることが多い傾向にあります。中型バスは20人程度が乗車できる大きさで、もともとバスとして製造されていることが多いです。大型バスはスキーバスや長距離バスに使われるものですが、40人から45人ほどが定員となります。
走行する距離によっても異なりますが、10キロ単位で料金が増減する会社と、もう少し細かく算定する会社が存在しています。

目的地を100キロ先に設定した場合


目的地を100キロ先に設定した場合の料金を目安に考えると、小型バスの場合はおよそ5万円程度で1日借りることができます。一泊二日になればその2倍の料金が目安になるでしょう。
中型バスの場合は、6万円くらいが相場になり、小型バスとはそれほど料金が変わらないのがポイントになります。そうだとすれば、10人ほどの人数で移動するならば、小さい小型バスを借りるのではなく中型バスを借りた方が快適に移動できることがわかるでしょう。
大型バスの場合は、7万円程度が相場になります。以上は、それぞれ運転士をつけない場合の目安になるため、もし運転手を雇う場合は一人当たりプラス2万円と考えておくとよいです。また、会社によっても相場が微妙に異なることも頭に入れておくべきです。

マイクロバスとは20名前後乗れる小さめのバスのことです。小型なのでよく送迎用に用いられます。あまり気付かれない方もいますが、冷蔵庫も実は付いてます。